【独身を選択】そもそも世間の皆婚する風潮とは何なのか?【解説】

ストーリー

結婚して配偶者と子供を持ち

家と車を買ったところで

初めて一人前だ!

なんてことが言われていた時代がありました。
これが旧時代的になってきている認識はあるものの
結婚は”しなければならない”と追い込まれてる人が多々います。

何故でしょうか?

・社会的地位を保証させるため?
・経済的援助を得るため?
・もしくは、周りと比べてしまうため?

「周りと比べる」とは、
人間の習性につけ込んだ大きな陰謀に
無意識に巻き込まれている状態なのです

線対称
線対称

「周りと比べる」「競争させる」

そうさせることで、得をする人間が

いるということですね

結婚することが当たり前の”皆婚スタイル”
実はこれ、歴史的に浅く
1880年代から1990年頃にかけての100年間だけなのです

結婚の時代や背景を研究された著者による
結婚滅亡〜「オワ婚時代」より参照

旧時代から現代への変化に伴う結婚観を
データ的に捉え”オワ婚”と称する面白い書籍です^^


独身を選択するあなたへ
なんとなく結婚をした方が良いのではと迷うあなたへ
・周りが何に踊らされているのか
・踊らされた他人からの影響で自分も踊る必要があるのか
 ➡︎本記事を閲覧いただくことで、皆婚マインドについて
  理解することができます
  また、そんなものを相手にする必要がないと自信がつきます!

皆婚のスタイル

読んで字の如く、誰もが大人になれば結婚する
未婚の者にはお見合いを
結婚することこそが正義の時代

そして子供を産み、新たな労働力を得る

線対称
線対称

現代でも社会問題である少子化なので

イメージしやすい。

約100年前はこれを構造的に解決させました

100年前の背景

当時作られた明治民法・家制度(Wiki参照
この辺りから家族・家の概念が変わり始めました。

細かいことはさておき、上記の法のもと
・地域のコミュニティ
・職場のコミュニティ
・家族のコミュニティ
この三つによる安心こそが皆婚システムの構造の土台となる
👉この三つが満たされることが”当たり前”の時代

1、個人の価値観は環境に左右される
2、環境は地域で作られる
3、地域は政治でコントロールできる

線対称
線対称

自分も含め独身主義者にはイメージしづらいですが

現代よりももっと、疑う余地すらない

マインドコントロールがあったということです。

恐らく、そうでなくては生きていけない時代だった

現代にも根付くマインド

時代が変われば考え方も柔軟に変えていくもの
しかし、その柔軟性が無い人の方が多いことは
言うまでもありません

ただしこれは、
柔軟な思考を持っていない個人が悪い
というわけではありません!

結婚マインドを皆に持っていてもらう方が
都合が良い人物がいる。

その者の発信による情報操作から
結婚=幸せの象徴として未だに信じてしまう人がいるわけです

情報発信源

国や企業です

結婚=幸せイメージを与える理由

・労働力の確保
若者が老人を支える年金システムを筆頭に
労働力のある若者が増えなければ国は衰退する一方

・経済力の促進
独身者よりも家族の方が世間にお金を落とす
特に子供がいないと購入しないような商品がある

線対称
線対称

ベビー商品やおもちゃだけではなく

学校や塾の類もそうだ

子供という存在は、未来の労働力だけではなく

需要者としての価値もとても大きい

家族を持つことで購入する大きな買い物(家や車など)
子供を持つことで購入する大きな買い物(上記)

これらを商売とする企業は、
自分等の売り上げを上げるため
どのような行動に出ると思いますか?

そう、”結婚=幸せ”という刷り込みを
発信し続けるのです

人間の習性につけ込まれる例

人は根本的に幸せになりたい生き物です
「これをすれば幸せ」
「これが出来なければ不幸せ」

この一つの指標があると、
意識せずにはいられない・他人と比べずにはいられない
習性があります

それに踊らされる例が
・クリスマス
・バレンタイン
といったイベント行事

・クリスマスに家族や恋人と
 チキンやケーキを食べられたら幸せ
・逆にクリスマスに一人ぼっちは寂しく不幸

ここにつけ込むことで、企業側からすれば
チキンやケーキを始めパーティグッズが
バカスカ売れちゃうということです

線対称
線対称

タチが悪いのは

企業戦略に気づいて冷静になれたら勝ち

という単純な話ではないということ。

踊らされないように行動したとしても、

戦略に踊らされているだけのパリピから

謎の敗北感を味わうことになるからです笑

それも含めて踊らされてます><

結婚を「選択する」のは良い

ここまで記載してきた
国家や企業ぐるみのマインドコントロール

クリスマスの話を例に、
蔓延したマインドに抗うのは難しい
しかしここで言いたいのは
食べたい時にチキンやケーキを食べればいい
ということ

??

線対称
線対称

12月24日・25日に

チキンやケーキを誰かと一緒に食べれたら幸せ

だからその日に買って食べまーす!

ってのは誰かに操られてるだけの話

自分の意思で
・食べたいものを
・食べたいタイミングで
・食べたい人・もしくは一人で食べればいい

結婚も同じで

・企業戦略に乗せられて
・周囲と比べて負け組になりたくないから
・結婚を選択”させられる”
❌これはダメ❌

・自分の頭でちゃんと考えて
・相手の方と幸せになれる道として
・結婚を選択”する”
⭕️これだったら、とても良いことです⭕️

マインドコントロールはある種の麻薬状態

とりあえず今の苦しみから逃げるために
手を出してしまうもの

それは麻薬も結婚も同じです

違うのは、手を出した結果
避難を浴びる禁止されているものか
祝福される合法なものか

線対称
線対称

未婚はマラソン状態で苦しい

結婚はゴールで祝福される

そのように考えさせられたら

早いところ結婚を済ませたい気持ちになる

プロフィールと結婚するのはギャンブル

相手の経済力や容姿、年齢など
“表面上の条件”と結婚しても
待ち受けるのは更なる地獄です

独身主義者はまだまだ少数派

独身主義者の数は実際に増えてきております
統計的には、2040年には全体の半数が
独身者になるという声もあります

しかし、実際自分の周囲は皆婚マインドが
根付いているのではないでしょうか?

線対称
線対称

僕の生活領域周辺には

残念ながら一人もいません。

「僕は独身主義者だ」と言っても

否定はされないものの、

少数派なんだなっていう目で見られちゃいます。

冷静に考えれば少数派なのは当然ですよね
世の中家族がなければ自分が存在していないわけだし
自分の周りとは、会社にいる既婚者おじさんが多数だし

とはいえ、独身主義者が
否定されないだけマシな世の中になりました笑
自分の母親にもしっかり宣言しました!

おかん
おかん

別にあんたの人生やろ

私は別になんも気にせんから

好きにしや〜

既婚者マウンターは相手にしない

何事においてもマウント合戦には
基本参入してはいけないのが基本!

既婚者側の目線を説明しておくと
・決して悪気があるわけではない
・話題の一環として話しかけているだけ
・親心で心配しているだけ(余計なお世話だが笑)

悪意を持ってマウントを取ってくる人については
人間の習性で説明ができます
・生きる指標として”正義”と”悪”を欲する本能
・「他人の不幸は蜜の味」≠「自分だけ不幸なのは許せない」
・”皆んな同じ”に安心を覚え、反する異物者には恐怖を覚える

まとめると臆病者なんです
臆病だから集団が好きなんです
臆病だから少数派をいじめて安心したいんです

線対称
線対称

大体悪意を持って話しかけてくる人って

みみっちぃ人ばっかりでしょう?

彼らは独りでは何も出来ない

だから周囲と同じ行動をする

だから周囲から外れた者を口撃する

“自分は正義”と思い込むことで安心する生き物です

そんなMobを相手にする必要はありません^^

既婚者とは比べるのではなく、感謝しておきましょう

既婚者と未婚者で
メリット・デメリットはそれぞれ違って
勝った・負けたの論争がある世の中

そんなものに答えや意味はないので
自分が幸せになれると思う道を進めばいい
それだけです

そして独身主義者を進むあなた
・友達が結婚して、妬んだりしますか?
 👉普通に祝福することだと思います

独身主義者側から見れば
結婚を決める者や既婚者に対しては
別に敵対心を持つ必要はありません

むしろ感謝するべきです

既婚者はとんでもない試練を受けてもらっています
・月に使えるお金を著しく制限される
・自分のために使える時間も同様に制限される
➡︎それらを捨て、育児を頑張ってくださっている

そう、少子化問題は何も国だけの問題ではありません
我々全員の未来を左右する問題です
今は若くても歳を重ね老人になれば、若者による支えが絶対必須です

その未来の若者たちを
自分のお金や時間を削ってまで
育てあげてくださっている

線対称
線対称

そのような人たちに感謝せずどうするんですか!

マウントがなんだっていうんですか

取りたいんだったら取らせてあげましょう^^

感謝した上でスルーの方向で・・笑

まとめ

皆婚とは政府や企業にとって
都合の良いナラワシに過ぎません
・都合の良いマインドになるために
 TVや広告などで発信し続け、根付かせられました

そのおかげで我々が生きているのも事実
「一種の正論」「皆んな同じで安心」
これを覆すのはまず無理でしょう

当然覆す必要はありません!
・他人を変えることは不可能だし、やる意味はない
・自分が幸せになる道を見つけ、芯を持つだけ

時代は変わってきている
・AIによる仕事の効率化

線対称
線対称

事実、仕事がAIに取られ交代されれる時代が

もうすぐそこまで迫ってきている

そんな中本当に若い労働力が必要な時代か?

若い労働力が必要とは言うものの
それは「0ではいけない」というだけであり
少子化になれば、それに対して対策を打つだけだ

線対称
線対称

コロナウイルスが流行れば

テレワークを駆使するなどして

仕事のやり方をより効率化にシフトした

人間にはその知恵という武器がある

つまり
独身主義者による子作りに参加しない行為は
決して悪ではないということです
自信を持って独身を貫いて良いんです!!

出産と育児に関しては
AIに任せるということができないため
親に頑張っていただく必要がある
・そんな日夜努力してくださっている方から
 万が一マウントを取りにこられたら
 👉感謝とスルーで応えてあげましょう^^

周りが踊っているから自分も踊るのではなく
自分の頭でものごとを考え、決意し
自信を持って行動していきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました