【独身を選択】結婚後、男女脳の違いによるコミュニケーションの罠4選

ストーリー

自分の周りが結婚し、それに焦り自分も結婚したい
それがまた周囲にも影響を及ぼし、婚活クラスター状態になる

そんな状況がそこら中で発生している中
周囲に流されず独身を選択する方もいると思います。
その判断は決して間違っておらず、独身主義者は
新時代と共に増加傾向にあります!

今回は結婚後を想定し、夫婦間男女脳の違いによる
コミュニケーションの取り方が原因
夫婦の絆が崩されるものを4選紹介していきます!
・男女脳の違いから結婚生活は我慢比べと化すことがわかります
・独身主義者の方は、その選択により自信をつけられます
・逆にこのリスクを知らずに結婚しようとする方は危険なので
 漠然と「結婚=幸せ」と思わない現実を知っておきましょう

結婚生活の他の罠は別記事でも紹介しております!
夫婦という枠にハメられる罠8選
家族関係者から夫婦の絆を崩される罠4選

夫婦問題7000件以上カウンセリングを受けた著者による
下記書籍を参考に、結婚後の「罠」を解説します

概要は4コマ漫画にしてみましたので
忙しい方は各項目の4コマだけでも目を通して貰えばと思います^^


男女脳の違い「会話」

夫はハッキリ言って欲しい

我々はエスパーではありません
しかし、結婚生活を円滑に進行させるためには
エスパーにならねばなりません笑

4コマの例のように
・夫側は何かを”頼まれた”という認識はない
・ちゃんと頼んでくれれば、行動するのに
・意思表示してくれないと行動する動機にならない

世の男性に求められるのは
・なにげない雑談から含まれる
・暗号を読み解き
・行動に移しミッションをクリアする

線対称
線対称

こういうので妻の機嫌が左右する。

ある意味平和な話ですけれど

それが半永久的に続くのはキッツイですね^^;

妻は本心を読み取って欲しい

世の妻
世の妻

言ってないけど

普通わかるでしょ?

いや、「普通」ってなんすか
しかし、これを察せられなければ
❌気が利かない夫と、腹を立てられてしまう

妻がハッキリ言わない理由は
・拒否されたら悲しいから
・色々言うと迷惑かな
・ワガママだと思われたくない
・私のこと愛しているならわかってくれるはず

なんじゃそりゃ!!
後から不機嫌になられる方がワガママで迷惑だし
事前に言ってくれる方が1000倍ありがたいんだが

ちゃんとコミュニケーションを取りなさいよ
これで謎の妻の不機嫌状態から
夫側も精神的に追い込まれていくわけです・・

線対称
線対称

「普通〇〇するでしょ!?」

って言うのなら、そうしてもらうように

発言してくれることが普通です。

・・・なんて言っても喧嘩になるんですよね〜

夫の我慢許容度が試されます^^;

男女脳の違い「言い訳」

夫は理屈を説明する

説明は、相手に伝わらなければ意味がない

「相手に伝わる」「理解してもらう」ために
男性側がやってしまうことが理屈を並べること
・仕事が長引いて帰りが遅くなる
・電車が事故で遅れて集合時間に間に合わない
・AだからBになって、Cになってしまった
 などなど

決して嘘は言わず真実を述べているだけで
何もやましいことは無い
だとしても、許せないのが女性心です

世の妻
世の妻

私の気持ちに対する配慮が

全くない!!

妻は(例えば)遅れた理由が聞きたいわけではない
・まずはしっかり謝罪する
・心配かけてくれていることに感謝する
・事後ではなく、事前説明に心がける
といった”気持ちを汲み取る”ことを最優先しなければなりません

線対称
線対称

デキる男は相手の感情を汲み取ることに強いです

しかしこれ、結構集中力がいるので長期戦では

かなり精神力が削られることになります。

何故ならこちらは「何も悪いことをしていないから」

人生”しょうがないこと”はいくらでも発生します。

その度、その事象を説明しつつ、相手の感情にも配慮するって

中々に難しいんですよね・・

一緒に住む家族ともなれば尚更に・・

妻は感情をぶつける

夫側は自分が理解をしたいため
言い訳を聞く側に回った時に
相手にその理屈を求めます

しかし残念ながら
妻側からは理由にならない理由
感情的に言われてしまうことが多いです

前述の「1.会話」の部分と同じで
夫婦だからわかってくれるだろうと思い込み
自分の気が済む話し方で終えてしまう

世の妻
世の妻

なんでわかってくれないのよ!?

エスパーでもない限り
わかるわけがありません^^;

夫側サイドからすると
・理由を順序立てて話しても、機嫌が悪くなる
・妻側の言い訳を聞いても、意味不明
・意味不明な部分を追求すると、機嫌が悪くなる

夫

詰んでんじゃねーか

線対称
線対称

若く、相手に愛情があって

お互い気遣いができる内は問題ないのでしょう。

結婚して長く一緒にいることで

気遣いが省略されていき、このような事態に発展します。

そして相手の誠実さへの期待が薄れ

夫婦間のコミュニケーション不足の出来上がりになっていきます。

男女脳の違い「仲直り」

夫は自分が悪くなくても謝る

「男はプライドの生き物」と言うのは
もはや昔の話になりつつあります。

男は基本的にめんどくさがりな性質をもちます
・めんどくさい状況に陥った時、
 自分が何かちょっとアクションすれば解決するのならば
 進んで解決に向かいます

夫婦喧嘩をした時
・自分が悪ければもちろん謝る
・相手が悪いのに一向に謝ってこず、
 嫌な空気が長く続くくらいなら、こちらが謝る

線対称
線対称

もはやサラリーマンですよね

明らかに間違ってるのは上司なのに

こちらが部下ってだけで頭を下げなければならない

そういう社会が産み落としたのが

“男はプライドよりその場を穏便化の精神”じゃなかろうか

妻は自分が悪くないと思っているから謝らない

“謝る”という行為は
“悪いことをした方だ”という
認識は妻もキチンと持っている

ここで厄介なのが
第三者目線で誰がどう見ても
妻が悪いということが起きても
当の妻本人は自分が悪いと思っていないこと

“自分が悪い”と自覚したうえで
謝らないのは、感情の問題です
落ち着いたら謝ってくることでしょう

しかし、自覚していない場合
つまり”夫側が悪い”と信じて疑わない場合
もはや打てる手は、夫が早々に謝るしかありません
・妻に対して、理屈を立てて”君が悪いんだよ”と
 説明したとしても聞く耳持たれません
・夫側が感情的に怒鳴っても状況は悪化する一方

夫

詰んでんじゃねーか

線対称
線対称

謝るという行為は少なからず上下関係が

発生してしまいます。

“プライドがない””めんどくさいから”

だから妻側が悪いと分かりきっていても

夫側が謝り続けるとどうなるのか。

妻側は”夫が悪い”と誤認し続けた状態となります。

その場凌ぎは有効でも、長い目で尊厳はなくなり

夫婦平等な関係にヒビが入ることになります

「女って都合いいよな」の良い例です。

男女脳の違い「セックスレス」

夫はストレスでダメになる

結婚後の社会問題レベルになっているのが
このセックスレス

結婚とは経済的なパートナーを作ると同時に
性生活のパートナーも固定することになります
どちらか片方が性生活に不満を持つと
両者の性生活が破綻してしまいます

夫が性交渉に消極的になる場合
・生活習慣やストレスによるもの
・ストレスの原因が上記や別記事などによる
 妻から受けるもの
・妻からの過度なプレッシャー

ストレスによって
・性欲そのものが衰えるのか
もしくは
・性欲はあるが、妻を受け入れられなくなるのか

これは大きく違います。
不倫問題にも発展しかねません

線対称
線対称

性生活のパートナーを得られると共に

一人に固定される縛りを持つ結婚

セックスレスや不倫問題がそこら中で

飛び交っている世の中です。

理由がわかっていても、そう簡単に

解決しない問題です

妻は夫の態度でダメになる

男性はセックスあっての愛
女性は愛あってのセックス

妻は、夫の”自分の都合の良い時”だけ
スキンシップを求めてくることに迷惑しています

妻が性交渉に消極的になる理由
・”自分の都合しか考えない”夫の態度に迷惑
・家事、育児、介護と休みなく働き体が疲れている
・女性は毎月ホルモンバランスが変わり
 体調や気分が変化する

夫側へ言うならば
・普段から家事、育児を手伝わない夫
・いつも機嫌が悪い夫
そんな人が、都合の良い時だけ求めてこられても
突き飛ばしたくなるのが妻の心情というわけです

毎日の愛情、思いやりが大事
順番を間違えてはいけません!

線対称
線対称

突き詰めると、セックスレス問題は

夫婦間のコミュニケーション不足が

原因なところがあると思います。

そしてこれがとても難解です

この記事や他記事でも言っている通り

男性脳と女性脳は根本から違うから

一つ屋根の下にいるはずなのに

わりと高い確率で遠い存在になりそうです・・

まとめ

男はプライドの生き物だとか
男尊女卑なんて時代は
もう終わっています

夫婦生活を円満にするためには
上下関係を作らず、平等を保つ必要があります。
しかしこの平等が中々にくせものです

平等という名の地雷避けゲーム
・相手を不機嫌にさせないためには何をするか
・相手の機嫌を保つために何を我慢するか
・地雷のない安全地帯に逃げても、結局セルフで爆発する

月に1回、週に1回のデートで相手を楽しませる
カップルのプランを練るのとはまるで別次元です
・毎日のように顔を合わせる相手に集中力を切らせてはいけない
・自分の体を休めるはずの家に、地雷が無数に設置されている

男性脳と女性脳で違いがあるので
お互いの期待と、行動パターンに絶対違いが生じます
・これをしょうがないと受け入れられる相手
・これを理解し、相手の要求に答えられる相手
こういう人と結婚しなければ、いずれコミュニケーションが破綻し
結婚生活はうまくいきません

大事なことは、両者が理解者であること
片方だけが理解して、片方に理解がない場合
コミュニケーションに不平等が生じ
破綻することになります

線対称
線対称

だから結婚生活は難しいのです。

50%の確率で離婚が発生

円満で幸せな家庭の比率はそれ程多くない

外見は幸せそうに見せるものです、真実は分かりません。

結婚願望者による結婚したい理由は
・経済的援助
・社会的地位
といった「自分のため」に結婚したいことが多い

そのような人が異性の脳がどうなってるとか
恐らく興味なんてないでしょう
結婚さえできればいいと考える人もいます
そのような人と一時の利害の一致から結婚したとして
長く続き、円満な家庭ライフを送れると思いますか?
答えは、Noです

結婚生活の他の罠は別記事でも紹介しております!
夫婦という枠にハメられる罠8選
家族関係者から夫婦の絆を崩される罠4選


コメント

タイトルとURLをコピーしました