【統計から見る】当時独身の男性・女性から見る”独身生活への”利点

ストーリー

結婚するのか、生涯独身でいくのか
その選択は個人の考え方で違うものだし
自分の生き方は自分で決めればいいと思います

とはいえ、
・自分以外の多数の意見を参考にしたい
・世間の考え方はどうなってきているのか
これを気にする方は少なくないことでしょう

・周りの友達や先輩に聞いた場合は、
 その個人の方の主観を話されるだけ
・テレビや雑誌などの広告では
 広告主が有利になるため情報操作されるだけ

というわけで、
全国的な調査の統計データをもって
当時独身者からの独身生活に対する利点の
世間的な考えを見ていきましょう!

全国的な統計データとは

国立社会保障・人口問題研究所
(厚生労働省の施設等機関)
による調査結果をまとめたものです

今回の記事を読んでいただくことで
・世間的な独身生活に対する考え方の理解
・なぜ世間の流れに反して独身を選択する人がいるのか
・改めて自分の考え方を整理し、結婚・独身を選択できる

逆に、結婚に対するメリット統計は別記事参照
別記事:【統計から見る】当時独身者から見る結婚に対する利点

全国的な統計データの見方

まずはこちらの表をパッと見してください

こちらの表は冒頭述べました
国立社会保障・人工問題研究所で記載される
公式データです!
こちらのHPから各データを閲覧できます

しかし、この表だけだとわかりづらいので、
わかりやすくグラフ化したものがコチラ!

グラフの見方
・一番左が利点となる”項目”
・項目に対し、利点だと思う”男女別総数の多さ”
 👉左に伸びる程女性の思いが強い
 👉右に伸びる程男性の思いが強い
・同じ項目の中に6本の線
 👉年代別の統計、上から下にかけて時間が経っている

・男性・女性がそれぞれが結婚に何を求めているのか
・それが時代と共にどう変化しているのか

線対称
線対称

グラフが女性側に伸びているから

「男性が0」というわけではありません

“男性ー女性”or”女性ー男性”の差分

グラフの伸びとして表しております!

こちらのグラフは書籍
結婚滅亡「オワ婚時代」より引用しております

上記のような統計データから結婚観を描かれております


男性・独身者から見る「結婚の利点」

1つ前で出したグラフと同じものです

男性側目線で全体的なところを見ていくと
家族扶養の責任がなく気楽・金銭的に裕福が大きい
ことがわかります!

男性側の方にグラフが伸びているものを
一つ一つ紐解いていきましょう!

1、家族扶養の責任がなく気楽
2、金銭的に裕福
3、異性との交際が自由
4、住環境の選択肢が広い

家族扶養の責任がなく気楽

男性アンケートの中で2位の票が入ったこの項目
実は女性側も3位に入る票が入っています

線対称
線対称

差分を綱引きのようにグラフ化しているため、

伸びが”中”くらいかと思いきや

意外と票が入っています笑

責任が人を強くするという考え方は
間違いではないものの、強要すべきではない時代となってきております。
人生の先輩方が仕事や育児に対し、ノイローゼ(精神的疾患)になり
自分の人生がむちゃくちゃになることを教えてくれました

子供を産み・育てるからには、当然親の責任と自覚が必要です。
しかし、愛するパートナーや子供が欲しいという気持ちがないなら
責任だけ増える結婚は、自分を窮屈にして苦しめるだけです

責任を持つ覚悟を持たせてくれるような
相手と巡り合うことができたら
結婚に踏み込みましょう!

金銭的に裕福

男性は使えるお金を確保するため独身を選択する
女性は経済力を調達するため結婚したい

こういう構想が一般的かなと思っていたのですが
意外と女性票も多かったことがビックリです

子供を産み・育てるという生物本能はあれど
まずは自分自身が生き残らなくてはいけない
そのためにはどうしてもお金が必要です

・お金を自由に使いたい
・お小遣い3万円生活が嫌だ
こういう個人的な思考だけでは、説明がつかないほど
結婚はコスパが悪い時代となったのです

結婚コスパ悪い説は政治に起因

男性が働き、女性が家と子供を守る
そんな時代は既に崩壊しています
今は女性も働く時代です

何故なのでしょうか?
30歳の僕のお婆ちゃんの時代は、
9人兄弟とかいる時代だった
それを大黒柱一人で支えているような時代でした

今や、子供を2人育て上げるのにも
夫婦が共働きをしなければならない

答えは
・増税に次ぐ増税
・労働賃金は増えない事実
・配偶者手当や控除はあれどマカないきれない
・結婚することで優遇される税制面はほぼない
・しかし無情にも出費だけは増える生活

少子化を止めたいのか、少子化を加速させたいのか
もはやよくわからん政治のやり方されています

結婚して出産して子供を一人前に育て上げるのが

人として当たり前だー!!

という風に脳死ではいけませんよ?
ご利用は計画的にいかなくてはいけません
愛があり、計画的に結婚する人もいれば
大半は愛がないし計画的でもない結婚する人が多数います
多数いるから”当たり前”という負のサイクルができていました

今はSNS普及の時代で、多数の意見が発信されるようになりました。
考えさせられることも増えたし、気付く人も昔と比べ多くなりました。
その結果が、独身率の増加に繋がった原因の一つと思います。

線対称
線対称

「遊ぶ金が欲しいから結婚しない」

という単純な話でもないんですね。

「生きるには金が必要だから結婚しない」

こういう闇が深い話もあります・・

異性との交際が自由

交際=恋愛とは限りませんが
昔からの友人(異性)と会うのに
許認可性が求められる結婚は煩わしいものがあります

こちらも男性側に伸び勝ちですが
男女共にそれほど票が入っていません

行動の自由やお金の自由という項目に
紛れてしまっている場合もありますが、
異性の交際が自由ってことに一番のメリットがある
というわけではなさそうです

線対称
線対称

恋愛の自由って素敵な響きではあるけど

実はそんなに求められてないんよね。

特に30代以上には

「恋愛の自由があるから俺は独身を貫くぞぉ!!」

って生涯肉食系男性は、想像からも少数ですよね

それよりも、自由な時間とお金を有意義に使って
その先でたまたまた出会った趣味や思考の合う人と
自由に交際できたらいいって考え方が多いかと思います

住環境の選択肢が広い

こちらについても男女共に票が少ないです
まぁ結婚=引っ越し禁止というわけではないですから

しかし、意外と軽視してはいけない問題です
住む場所すらフットワーク軽く移動できる
それも独身者の自由の魅力です

近未来的な話になりますので
話半分で聞いておいて欲しいのですが
将来日本がどうなるかわかりません

今この時点でわかっていることは
・少子化問題が深刻
・上がり続ける税金
・年金も払い続けているが、老後受給できるか不明

これが意味することは?
・将来の子供たちが、我々老害を支えなければならない
・子供たちからすれば、その義務はないことから
 考えの末国外へ行き、年金支払いを放棄するかもしれない
・若者が減れば、他の若者の負担が増える
 すると若者は皆逃げたくなるスパイラルになる
・日本は老人だけの国となり、衰退の一途を辿る
 支えてくれる若者がいないから生きることも難しくなる

オリエンタルラジオの中田さんが
海外移住したことも未来を予測してのことです

今はピンとこないかもしれませんが、
いざとなれば国外移住をしてやるくらいの
生存本能が必要になるかもしれません
そんな時、独身の自由が効いてくることは間違い無いでしょう

線対称
線対称

よく考えない人ほど、既定概念に囚われます。

結婚するのが当たり前〜とか。

よく考えられる人は・・・その逆ですよね

男性・独身者から見る「結婚の利点」

グラフの視点を女性側に移し
まずは全体的なことから
行動の自由や他者との関係を保てることに
メリットが大きいと感じていることがわかります!

男性側と同様に
女性側の方にグラフが伸びているものを
一つ一つ紐解いていきましょう!

1、行動や生き方が自由
2、広い友人関係を保ちやすい
3、現在の家族との関係が保てる
4、職業をもち社会との関係が保てる

行動や生き方が自由

男女共に得票数堂々一位が
こちらの項目となります!

そして年々女性の方に増加傾向があります
確かに、結婚することで
・お小遣い制となってお金の自由が減るのは男性ですが
・行動の自由が減るのは、女性の方が大きいですよね

出産・育児はその最たるものです。
一度離脱してしまうと、これまで培ったものを
手放さざるを得ないこともあります

女性も学習する時代へ

女性が働く時代である昨今ですが
それ以前に、女性が学ぶ時代となったのも
実は歴史的にはわりと最近の方なのです

一昔前は、男性が勉強し・働いてお金を稼ぐ
女性は勉強しないが、家事・育児を習得し
家を守ることを教えられました

そんな時代からすれば今の女性はIQが高くなるのは必然
つまり考える力が、強化されているのです
すると疑問に思うわけです「既定概念とは何か?」と

結婚して出産することは
労働者を増やすことと経済力向上を意図し
国側から推奨されてきました

学ぶ機会がなく、考える力が少なかった女性たちは
「結婚することが当たり前」と刷り込まれ
特に疑問を思うことなく、結婚を受け入れてきた

今の考える力が大きくなった女性たちは・・
独身でいることを望む数が増えたのです
それは当然です
・自分で経済力を確保できるから
・男性に頼らずとも生きていくことができるから
・経済力と引き換えに自由を捨てなくて済むから

線対称
線対称

誰かに頼らず生きることができる

「自立」

これが達成させられた時点で、

愛の無い相手と結婚する意味なんて本当にないです

広い友人関係を保ちやすい

こちらは上記に続いて、女性部門2位の得票数
結婚すると、なんかつい疎遠になっちゃうよね〜
っていうのが寂しくなるやつですね

男性側も票が多いですし、
僕も、確かに結婚した男友達と遊ぶ機会は
一気に激減しました

誘って、来てくれるうちはいいのですが
たった一回でも

家族(嫁)のことがあるから

行けないや!

ごめん!!

って言われると、気を遣って
二度と声かけれなくなっちゃいますからね〜

既婚者側からすると、その日たまたまだったかもしれなけど
そうして声をかけられなくなっていき、寂しくなっていく
そのパターンもあるかもしれません

線対称
線対称

男性目線ですらこうなのですから

女性目線だと尚更関係は希薄になるかもしれませんね

人妻を引っ張ってくるのは気が引けるとか

旦那さんの機嫌が悪くなるとか etc

結婚・出産した趣味友の女性と
この前会って話す機会があったのですが

友達と全然会えなくて寂しい

趣味友同士会う企画を作って欲しい

と、全然人に会ってない様子でした。
自分で企画すりゃええがな、ともいきませんよね笑
お子様の機嫌もあるので、破談する可能性も高いとのこと

線対称
線対称

自分から会いたいとも言えんとは。

お母さんは大変だ・・・

現在の家族との関係が保てる

結婚することのメリットの項目には
「親から独立できる」というものがありました
別記事:【統計から見る】当時独身者から見る結婚に対する利点

結婚のメリットは親からの独立
独身のメリットは家族との関係が保てる

すみませんが、僕はどちらも意味がわかりません笑
結婚しないと独立できないのでしょうか?
結婚すると家族との関係が保てなくなるのでしょうか?
👉どちらも自分次第で何とでもなると思います

参考になる人・ならない人、別れてしまうかもしれませんが
家族とは言え、他者との関係性のために結婚する・しないを
決めるのは、幸せから遠ざかる行為
だと思います
・自分の人生です。
 他人のことより自分のことを考えて選択しましょう!

職業をもち社会との関係が保てる

線対称
線対称

こちらについては、上記の「家族との関係」と違い

内容が理解できます笑

前述より、女性の考える力が年々向上しています
・女性も社会で活躍したいと想う気持ちが増加
・社会で多くの人に認められたいと欲求もある
・出産、育児を行うと離脱せざるを得なくなる

今は家事に1日の時間を費やす必要性はない時代です
時短家電の登場により家事の効率が爆上がりしたからです

別記事参照:独身の私生活スキル・便利な時代をうまく活用
こちらで、独身男性でも家事は無理なくこなせることを
記載しております

人は退屈には勝てません
上記より専業主婦は、時間を余す存在となります
社会とのつながりたいと欲求が沸くわけです

結婚することで社会と分断させられる罠
出産や育児だけとは限りません
相手家族の介護をやるために仕事を辞めさせられる例もあります

別記事参照:家族関係者から夫婦の絆を崩される罠

線対称
線対称

結婚することは、夫・妻・子という

単純な人間関係の構造では収まりません。

義理の父母・親戚が増え、家毎の文化で

自分の望まない方向に進まされることもあります。

結婚=生活=人生
悔いなき道を進むため、よく考えて選択しましょう

まとめ

当時独身の男性・女性から見る”独身生活への”利点について
アンケート形式の統計を見て参りました

◯世間的な独身生活に対し、考え方を理解
・男性目線、女性目線から独身による自由の獲得への欲求
・「自分のやりたいこと」が結婚することで阻害される不安
・男女共に経済力・生活力の自立が容易な時代となった

◯なぜ世間の流れに反して独身を選択する人がいるのか
・「世間の流れ」がそもそも古くなってきているから
・女性側も教育・活躍の場が増え、考える力が向上したから
 (結婚が必ずしも正しいとは限らないと答えを出せる)
・結婚するメリットが乏しい(税制面など国の施策に優遇性がない)

・自分のやりたいことを整理する
・結婚することの注意事項を把握する
👉結婚・独身の選択に対し、
 よく考えるキッカケになったのではないでしょうか?

まずは、自分個人が幸せになれる選択をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました